« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015/02/17

cafe食堂 BAOBAB.

日曜日は以前から行ってみたいと思っていた岩沼にある
「cafe食堂 BAOBAB」
Img_1649
ちょっと迷いながら、辿り着いたお店はかなりいい雰囲気。
食事が出来上がるまでの間も居心地が良かったです(^^♪
だんな様は、タイのレッドカレーを大盛で↓
Img_1641
カレーのアップです↓
Img_1642
私は大好きなガパオライス↓
Img_1644
こちらもアップで…↓
Img_1645
どちらもスープと生春巻きが付いてきます↓
Img_1646
ガパオライスはシャキシャキの野菜がたくさん入っていて、
目玉焼きの黄身のとろみ加減も絶妙(*^。^*)日本人の舌
に合うようにしているのか辛味もかなり抑えてあります。
ただし、レッドカレーはちゃんと辛かったです^^;
だんな様が大盛を注文する時に、私にも勧めてくれたの
を「まさか~、いいよ~」って断ったのですが…。
大盛にしても良かったかも(笑)
お店の雰囲気もいいし、食器もカワイイ。
お料理も彩りが良くて、私の拙い写真技術でも食欲を
そそる感じが伝わりませんか?(*^^)v
近くにあったら、昼も夜も通いたいお店ですね~。


| | コメント (0)

2015/02/16

「中国北京料理飛天」に行ってみました。

土曜日のランチは、「中国北京料理 飛天」
ホテル仙台プラザの元スタッフの方たちが開店したお店です。
母と私は緑黄色野菜の蟹玉セット↓
Img_1635
蟹玉のアップ↓
Img_1637
コロンとした蟹玉の中には、蟹と野菜が包まれています。
まわりには、ちょっと辛めのチリソース。
他には、サラダ・スープ・ご飯または中華粥・香の物・
杏仁豆腐と飲茶が2種↓
Img_1639
だんな様は同じセットの日高見牛のカレー煮セット↓
Img_1638
やわらかい牛肉とたくさんの野菜が入っています。

土曜日のお昼にうかがったので、やっぱりちょっと混んで
いましたね。それでも、待った時間はほんの数分で席に
案内していただけました。お客様の年齢層は少し高めな
感じ、ご夫婦や女性同士の組合せが多かったと思います。
税別1430円だったので、ちょっと高めではあります。
お客様の層や場所柄もあるのかもしれないですが、
このお値段なら、もうちょっとボリュームが欲しいと
私的には思いました^^;

| | コメント (0)

2015/02/10

博多若杉の牛もつ鍋、おいしかったです。

夫婦揃って、何の番組で見たのか思い出せないのですが…。
とにかくテレビで見て、その場で申し込んだお取り寄せ。
「博多若杉 牛もつ鍋」
Img_1610
箱の中身はコチラ↓
Img_1629
2~3人前用で国産牛もつ(300g)・スープ(1300g)・
胡麻(10g)・柚子胡椒(2袋)・ちゃんぽん麺(2玉)が
入っています。

早速、同封されていた作り方を見ながら作ってみました。
用意するのは、キャベツとニラだけ↓
Img_1630
もつが見えないと。撮りなおし^^;↓
Img_1631
もつの旨みとキャベツの甘さが濃い目のスープによく
合います。もつがプリップリッでおいし~い(*^。^*)
シメには、ちゃんぽん麺↓
Img_1632
私的には、そのままスープをいただくにはちょっとだけ
しょっぱかったので、少しお湯を足してちゃんぽん麺を
投入。おいしくいただきました。
ほぼ初体験のもつ鍋、クセになりそうです(^^ゞ


| | コメント (0)

2015/02/09

おでんの大根。

寒い時期に食べたくなるのは、おでんですかね~(^^♪
子供の頃、大根の煮たのが嫌いだった私が今や…。
おでんの具に欠かせなくなったのが、なんと大根(笑)↓
Img_1609
とても二人暮らしとは思えない量ですが…(~_~;)
この下には、ゆで卵やらだんな様リクエストの手羽先も
入っています。

で、せっかく大根を食べるならしっかり出汁をしみ込ませ
スッと箸が通るようなおいしい仕上がりを目指したい。
…と言うことで、私の最近のレシピはコレ
おでんを作る前の晩に、夕食の準備のついでに鍋に
皮を剥いて輪切りにした大根と茅乃舎のだし一袋、
水を入れてコトコト煮ます↓
Img_1608
楊枝がスッと通るくらいになったら、火を消して放置。
茅乃舎のだしは少し味が付くので、味付けは不要。
次の日に他のおでんの具材と共に、今度はおでん用
の出汁で煮込めば、出来上がり。
程よくやわらかく、程よく出汁のしみこんだおいしい
おでんが出来ました(^^♪


| | コメント (0)

2015/02/05

岩沼屋で日帰り会席。

先週の土曜日は、いただいたチケットで秋保温泉「岩沼屋」
日帰り会席を母と3人で満喫。
客室は用意できなかったとのことで、料亭の個室で。
いただいたお食事は「睦月懐石」↓
Img_1600
上の左から焼き胡麻豆腐・名取芹白和え・鮪磯の雪巻きに
下は焼八寸と羽二重蒸し↓
Img_1601
大泉にんにくポーク雪鍋の具材はコチラ↓
Img_1602
鱶の身ガダイフ揚げ・茄子・丸十・舞茸・獅子唐↓
Img_1603
炊き込みご飯↓
Img_1604
他に香の物とお味噌汁が付きます。
デザートはコレ↓
Img_1606
紅薩摩芋の金つば・抹茶ムース・果物に番茶。

炊き込みご飯は食事中に炊き上がるようになっていて
熱々の炊きたてがいただけます。最後にいただくには
私的には、ちょっとだけ味が濃かったかな?
お茶碗で3杯ほどの量がありました。
2膳でギブアップ(>_<)もうお腹いっぱいになりました。

余談ですが、揚げ物の「鱶」はフカと読みます。
運んできてくれた方からはサメとの説明がありましたので
調べてみたら西日本で大型のサメをフカと言うそうです。
正直、この鱶は私は苦手でした^^;
で、ついでに「丸十」とは何ぞや?と調べてみたら…。
こちらは薩摩芋のことだそうです。薩摩藩島津氏の家紋
が丸に十字であることが由来だとされているとのことです。
知らなかった…(~_~;)

いただいたチケットは2枚だったので、一人分を現金で
払うと税込み5000円でした。客室が用意できなかった
お詫びとして、一人一本ずつの飲み物が追加されました。
ハンドタオルとバスタオルは無料で貸出してくれます。
個室は15時まで利用可能だったので、ゆっくりできました。
たまには、こんな時間もいいものですね。


| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »