« からだにやさしいランチです。 | トップページ | 多賀城で中国料理。 »

2014/02/01

痛すぎる…(>_<)

先週の日曜日、少し前から怪しかった風邪が悪化し、
一日中、布団の中(~_~;)
それが治りかけたところで、またあちこち具合が悪く
なり、なんかすっきりしない日々を過ごしてたものの、
やっと元気になったきたと思った矢先。

お世話になっている会社の方の忙しいスケジュールを
やっと押さえて、飲み会にお誘いしていた私たち夫婦は
とあるビルの地下にあるお店に向かいました。
だんな様と2人で、おしゃべりしながらそのビルに入る
小さな入り口をくぐった瞬間、私の体は宙に浮き、
次の瞬間には硬いコンクリートの上に打ち付けられて
しまっておりました(@_@;)
一瞬、何が起こったかわからないくらいのショック。
あまりの痛みに、しばらく起き上がることもできず…泣
やっと立ち上がった時、後ろからきた女性も同じように
その段差につまづいておりました。彼女は、転ばずに
すんだのですが、やっぱり危険なんだと実感。

とりあえず、まだ時間あるから湿布しようとだんな様。
そこから、少し行ったところにあるドラッグストアに向かい
湿布を購入して、お店のトイレを借りて貼りました。
一安心したところで、ご招待した方が合流。
そのいきさつを話したところ、「オレもつまづきそうになった、
あそこ危ないよな~」と言ってくれました。
「オレなら、なんか対処するけどね~」って。
そこは、お店がたくさん入ったビル。お客さんのことを
考えたら、何らかの対応策を考えるのが普通だと思います。
せめて、段差に注意とか…ね。

で、いつまでもそんな話をしていてもしょうがないので、あとは
普通に楽しい飲み会をしていたのですが…。
靴を脱いで小上がりで飲んでいた席から、トイレに行こうと
したら、驚くほどの痛みが左足首に(ーー;)
かと言って、招待しておきながら自分の怪我のせいで中断
することなど、絶対できない。
片足で、ピョコンピョコン跳ねながらトイレへ。
なんとか痛みに耐えながら、3時間ほどで飲み会を終了。

帰るころには、いよいよ痛みはピークです。もう一人で歩く
のもシンドイ、その頃にはウチの近くにある救急センターに
行くことしか考えておりませんでした(~_~;)
タクシーに乗り込み、救急センターへ。タクシーの運転手さんも
とても心配してくださいました。ありがとさんです。
そこでレントゲン。先生に「骨には異常が無いから、捻挫だね」
と言われた時、「捻挫ってこんなに痛いんですか?」と聞いてし
まった(笑)結局、湿布して包帯で固定してもらって終了。
あと一時間遅かったら、外科の診察は終了してしまうところ
だったので、間に合ったのが不幸中の幸いでした^^;

結局、今日も一日安静の日々。またもやだんな様のお世話
になりっぱなしの一日となってしまっております。
まったく情けない…(~_~;)

|

« からだにやさしいランチです。 | トップページ | 多賀城で中国料理。 »

コメント

JINJINさん、大変でしたね。
心よりお見舞い申し上げます。
くれぐれも、お大事になさってくださいね。

投稿: 総ちゃん | 2014/02/01 17:14

総ちゃん、いつもありがとうございます。
ホントに情けない…(~_~;)
今後、気をつけます(笑)

投稿: JINJIN | 2014/02/02 00:00

うわ~災難でしたね(;ω;)
私は、しょっちゅうどこかにぶつかったり躓いたりしているのでよぉーくわかります。
先日もコンビニの袋に携帯が入ってるのを忘れて持ち上げたら遠心力で鼻に命中。ひと月もたつのにまだ赤くなってます、、、捻挫、早く良くなりますように。

投稿: mint | 2014/02/03 11:23

mintさんも、ありがとうございます。
私も、あちこちぶつけたり転んだりするのは
しょっちゅうなんです^^;
でも、今回はホントやばいと思いました。
骨折れたかも~って…。
何とか無事だったことに感謝です。
今、外を歩くのがちょっと怖い私です(笑)

投稿: JINJIN | 2014/02/04 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« からだにやさしいランチです。 | トップページ | 多賀城で中国料理。 »