« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/31

今年もお世話になりました。

今年は、本当に大変な一年でしたね。
震災の際は、いろいろご心配いただきありがとうございました。
新年が皆様にとって、より良い年になりますように…。
来年もよろしくお願いいたします。
Img_0050

| | コメント (2)

2011/12/28

半年以上も行ってなかったなんて…^^;

気づけば半年以上のご無沙汰でした(^_^;)
大好きなとんかつ屋さん「とんかつ 和泉」です。
この日のランチは、ミックスフライ定食↓
Dscf0371
もちぶたのかつに海老フライ、串かつの盛り合わせ↓
Dscf0372
ピンクのタルタルソースも健在でした(^^♪↓
Dscf0373
やっぱりおいし~い(*^^)vまた通わなくちゃ。

| | コメント (0)

今年も松島三ツ星冬ランチ。

先日、松島三ツ星冬ランチを食べに松島まで行ってきました。
我が家では、「ホテル海風土」でいただくのが恒例です。
予約のために電話を入れると、グランプリと審査員特別賞の
2種類のランチがあると言うことなので、グランプリの「麗らか
な冬晴れ」でお願いすることにしました。

食前酒は松島白菜と洋梨のカクテル↓
Dscf0335
前菜↓
Dscf0337
活タコと野菜のマリネ・蔵王チーズ入り杭牛蒡磯辺揚げ・
海老芝煮・小蕪射込み帆立焼・松島鯊棒寿司の5種類。
お造りは海の幸三種盛り↓
Dscf0339
鮪・平目・あいなめ 白身食べ比べ 妻一式 香味醤油。
揚げ物代わり↓
Dscf0342
地野菜と穴子の筒揚げ ライスペーパー巻き 
松島トマトソース。
合肴↓
Dscf0343
地魚天然寒八と松島牡蠣の蒸しシャブです。
薬味とポン酢↓
Dscf0345
食事は松島紅蓮茶漬け 焼鯊仕立て↓
Dscf0346
水菓子は大根ムースと苺あんみつ↓
Dscf0350
そして、珈琲↓
Dscf0352
いつもながら繊細な仕事のお料理が並びます。決して
満腹感のあるお食事では無いと思いますが、見た目は
もちろん舌も満足できる充実した内容になっています。
今年は震災のあった年なので、このランチがいただける
のかと言うこと自体心配だったのですが、無事コンテスト
が開催され、いつものように両親と一緒に食べに来れた
のが、何よりだったと思います。
来年も楽しみにしていたいです。

| | コメント (0)

2011/12/15

神楽坂でおいしいランチ。

ちょっと時間が経っていますが、浅草酉の市です↓
Imgp9426
テレビで見ることはあっても、ホンモノは初↓
Imgp9429
色とりどりの熊手が目をひきます。お店によって、特徴が
違っていて、見て歩くだけでも楽しかったです。

その後は、神楽坂まで行って散歩。
お昼ごはんに選んだのは、「別亭 鳥茶屋」
うどんすきが有名なお店だそうです。いいタイミングで
入店することができて、待ち時間もありませんでした。
店内は、すでにお客さまでいっぱい。
だんな様は、名代うどんすきとアサヒエクストラゴールド↓
Imgp9432
私は、親子御膳↓
Imgp9437
うどんすきをアップにしてみましょう↓
Imgp9435
お箸で持ち上げているのが、極太のうどんです(^^♪
具材も17種類も入っていて、ナントこれで一人前。
上品なお出汁が、ひとつひとつの具材によく合います。
うどんは煮崩れることも無く、しっかりとした噛み応えの
まま、最後までおいしくいただけます。
コースでいただくこともできるのですが、量が多いので、
だんな様曰くこれだけで十分とのことです^^;
それでは、親子丼もアップに↓
Imgp9438
個人的にトロトロ過ぎる卵の仕上げ方の親子丼があんまり
好きでは無いので、運ばれてきたのを見て一安心。
鶏自体がおいしいのはもちろん、卵に良く合う割り下との
バランスも絶妙です。おいしかった~(*^。^*)
デザートにも手抜きは無し↓
Imgp9439_2
こちらは、うどんすきに付いてたりんごのシャーベットです。
一口食べてびっくり、まるでりんごを凍らせたみたい(^^♪
りんごそのものの、おいしさそのままでした。
神楽坂の小道をひとつ入った石畳の途中にあるお店です。
ちょっと分かりにくい場所にあるのも、お店の魅力になって
いるような素敵な雰囲気でした。

| | コメント (0)

2011/12/13

おひとりさまランチ(東京編)その2。

この日は、有楽町イトシアの地下にある「韓国旬菜料理 
妻家房」
でのお昼ごはん。平日のちょうどランチタイム。
混雑してるのは、仕方ありません(^_^;)
私の前に入った方が、すぐに席に案内されたので、ラッキー
と思って続いて入って行くと、ほんの少しの待ち時間だけで
奥の角にある席へ。
ランチメニューは、たくさんの種類があります。だんな様と
一緒だったら、食べ切れなくても手伝ってもらえるのですが、
この日は一人^^;結局、食べなれているメニューを選択。
石焼ビビンバ定食です↓
Imgp9422
キムチとスープが付いています。好みの量のコチュジャンを
入れていただきました。海苔がいいアクセントになっていて
普通においしかったです。

ちなみに、このお店のすぐ側にある「TENDRESSE」は私の
お気に入りのパン屋さん。有楽町に行く度に買っていて、
すでに3回。ワインのお供や朝ごはん用に購入してます。
オススメですよ~(*^^)v
Imgp9290_3 Imgp9300_2

| | コメント (0)

2011/12/10

おひとりさまランチ(東京編)その1。

平日のお昼は、一人でランチ。
選んだお店は、以前週末に通りかかったら、お店の前に
入店待ちのお客様がたくさんいらしたお店「chef's V 
丸ビル店」
です。この日は、13時過ぎぐらいだったので、
すでに混雑は終わっているようで空いていました。
野菜が主役のお店なので、野菜好きにはたまりません(^^♪
魅力的なメニューの中から注文したのは…。
彩り野菜と群馬県産せせらぎ豚のグリル丼↓
Imgp9420
せせらぎ豚と7種類の揚げ野菜をバルサミコソースで
いただくと言うヘルシーな丼です。ご飯も白米では無く
雑穀米を使用しているのが、さらにポイント高し(*^^)v
シンプルな味付けだけど、野菜のおいしさで最後まで
飽きずにいただくことができます。スープ付きで1000円。
ごちそうさまでした(*^。^*)

| | コメント (0)

2011/12/06

東京あちこち。

更新が滞っているため、ネタが溜まってきており…(^_^;)
今後は、順不同で東京ネタがちょっと続きそうです。

この日は、お箸できれるやわらかいとんかつがキャッチ
フレーズのお店、湯島にある「井泉」へ。
予想通りの混雑ですが、ラッキーなことにほとんど待たず
に小上がりに通してもらえました。
注文したのは、ヒレかつ定食とロース定食↓
Imgp9405
ご飯にお味噌汁とお漬物が付いてきます。
ヒレかつは、こんな感じ↓
Imgp9408
ロースかつは、程よく脂身が入っていますね↓
Imgp9406
確かに、お箸できれるやわらかいとんかつです(^^♪
二人とも、実践してみたので確かです(笑)
衣はサクッと揚がっているし、お肉もやわらかで人気の
お店だということには納得。ただ、私個人の好みとしては
ちょっと油の独特な匂いが気になりました。豚汁もかなり
しょっぱくて、煮詰まったのかしら…?という感じ。具材は
おいしかったので、ちょっと残念でした(^_^;)
やっぱりとんかつを食べるなら、今一番のお気に入りの
「とんかつ 和泉」がいいですね。
最近、全然行けてないのが残念だけど…。

この日はとってもいいお天気で暖かかったので、ついでに
東京タワーに行ってきました↓
Imgp9410
お約束のルックダウンウィンドウからの眺めはコチラ↓
Imgp9412
子供たちは平気な顔して、このガラスの上に座り込んで
いたりするのですが、ウチのだんな様は絶対にガラスの
上には乗ろうとはしないのでした…(笑)

その後は東京ミッドタウンに行って、イルミネーションまでの
時間を読書とお酒で一休み↓
Imgp9413
ものすごい人混みの中、背の小さい私は人と人とのちょっと
した隙間から見るのがやっと…。イルミネーションの全貌は、
だんな様の撮った写真で見せてもらったのでした^^;↓
Imgp9418

| | コメント (2)

2011/12/03

船橋屋でお昼ごはん。

下町散策好きな私たちが、次の日に向かったのは柴又
駅を降りるとすぐに、寅さんが迎えてくれます。
まずは、帝釈天にお参り↓
Imgp9394
その後、山本亭を見てから、参道に戻ってあちこちに。
お昼に選んだのは、くず餅で有名な船橋屋柴又帝釈天
参道店
の2階にあるお食事処です。
私が選んだのは、梅豚にゅう麺↓
Imgp9395
ひじきご飯と、もちろんくず餅も付いてきます(^^♪
梅干の酸味が、いいアクセントになっています。
だんな様は、同じセットの深川風あさりにゅう麺↓
Imgp9397
あっさりしてるけど、出汁のきいたおつゆがおいしかったです。
あさりはプリッとした歯ごたえがしっかりあり、味も濃い。
私はそのおつゆを少しもらって、ひじきご飯にかけ、勝手に
深川めし風(?)とか言いながら食べてみたのですが、これが
またイケました。
深川めしは、まだ食べたことは無いのですが…(笑)
そして、船橋屋といえばくず餅↓
Imgp9396
以前、おみやげに買って来てくれたので食べたことはあり
ましたが、お店で食べるのは、さらにおいしく感じました。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »